楽譜書籍・教則本 DOODLE STUDIES AND ETUDES ドゥードゥル・スタディーズ・アンド・エチューズ [BOOKM-53053]


税込価格:
$97
在庫:
在庫あり

説明

メディア: 楽譜書籍・教則本

在庫が無い場合のお取寄せ納期: ご注文後 通常 1~3 週間で入荷

アーティスト: BOB MCCHESNEY(ボブ・マッチェスニー)(著)

原産国: アメリカ

発売元: CHESAPEAKE MUSIC

メーカ品番: CHESAPEAKE_MUSIC

発売元より(翻訳):
トロンボーン奏者ボブ・マチェスニーによる「ドゥードゥル・スタディ&エチュード」は1992年に出版された。千人以上の学生やプロ奏者にとって、トロンボーンの速いレガート・スキルを向上させるための非常に貴重なツールであることが証明されている。ドゥードゥル・タング・テクニックのあらゆる側面をカバーする本書は、学生、教師、プロフェッショナルを問わず、あらゆる人のために書かれた。この完全なメソッドは、シラブルを正しく形成する方法から、自然なダウンスラーを取り入れた複雑なパターンまで、速いレガート奏法を段階的に説明している。



ドゥードゥル・タンギング完全習得コース

140ページにわたるステップバイステップの指導

141の練習曲と10のエチュード

著者による実演を収録した52分のデジタル録音(CDなし)付き

練習用のプレイアロング・トラック付き(カセットテープと入れ替え可能)



一般的に、トロンボーンで速くきれいなレガート演奏をするのは難しいというイメージがありますが、それはスライドを十分に速く動かすのが難しいからです。実は、トロンボーンの速いレガート演奏の問題は、スライドの動きよりもアーティキュレーションの問題なのです。バルブやキーがないため、トロンボーン奏者は他の管楽器奏者とは異なるアーティキュレーションをしなければなりません(つまり、すべての音をベロで発音したり、トンガリングとスラーリングを組み合わせて音を汚さないようにしたりします)。ドゥードゥル・タング奏法では、アーティキュレーションを非常に速く、スムーズに(各音符がつながって長く)、そして各音符がエンベロープで一致するように非常に均等に行うことができるため、細かいスライドの不正確さに気づかないことがよくあります。これは、スピードが上がるにつれて、タイミングと音符のエンベロープの類似性(または類似性の欠如)の両方が、聴き手に容易に知覚されるようになるためです。同時に、スピードが上がるにつれて、イントネーションを知覚するのが非常に難しくなる。一般的にイントネーションは非常に重要ですが、聴衆の立場からすると、速いパッセージでの明瞭さは、アーティキュレーションの質と均一性によりもたらされます。
( DEEPL による翻訳 )

発売元より:
Doodle Studies and Etudes by trombonist Bob McChesney was first published in 1992. For more than a thousand students and professional players it has proven to be an extremely valuable tool in improving fast legato skills on the trombone. Covering all aspects of the doodle tongue technique, this book was written for students, teachers and professionals alike. This complete method explains the fast legato technique in a step-by-step fashion, from how to correctly form the syllables to complex patterns incorporating natural downward slurs.



A complete course of study in doodle tonguing

140 pages of step-by-step instruction

141 Exercises and Ten Etudes

Included - a 52 minute digital recording (no CD) with demonstrations by the author

and play-along tracks to practice with (replaces both cassettes)



A common belief is that fast, clean legato playing is difficult to achieve on trombone mainly because it is difficult to move the slide fast enough. Actually, the issue of fast legato playing on trombone is much more one of articulation than slide movement. Because there are no valves or keys, the trombonist must articulate differently than other wind players (i.e. tongue every single note, or use a combination of tonguing and slurring to avoid smearing). With the doodle tongue technique, articulations can be executed very fast, smooth (with each note connected and long), and very evenly with each note matching in envelope, often making minor slide innacuracies unnoticeable. This is because as speed increases, both timing and similarity of note envelopes (or lack of similarity) is easily perceived by the listener. At the same time, as speed increases, intonation becomes much more difficult to perceive. While intonation in general is very important, from the audience's perspective, clarity in faster passages comes more from the quality and evenness of articulation - an area in which all trombonists should strive to improve.

注意事項:
2023年8月18日:参考演奏はストリームおよりダウンロード音源となり、参考演奏CDは添付されなくなりました。

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

こちらもオススメです!

最近見た商品