税込価格:
¥14,400
在庫:
お取り寄せにてご注文を承ります

説明

メディア: ビッグバンド 譜面セット

在庫が無い場合のお取寄せ納期: ご注文後 通常 2~3 週間で入荷

アーティスト: COUNT BASIE(カウント・ベイシー)(演奏) / FRANK FOSTER(フランク・フォスター)(作編曲)

グレード: 4

スタイル: Swing - Medium Difficult

原産国: アメリカ

発売元: JAZZ LINES PUBLICATIONS

メーカ品番: JAZZ_LINES_PUBLICATIONS JLP-51221

メーカーの商品ページを開く

発売元より(翻訳):
## 詳細
エディションジャズビッグバンドアレンジメント
説明スウィング - 中難度
出版社ジャズラインズ出版
このアレンジは、カウント・ベイシーと彼の率いるニュー・テスタメント・オーケストラが1953年から1960年にかけて演奏、録音した曲を集めたフランク・フォスターのヴィンテージ・ベイシー・シリーズの一部です。この曲もカウント・ベイシーが得意としたストレート・フォワード・ブルースです。カウント・ベイシー・オーケストラによる『Chairman Of The Board』収録。フル・アンサンブルでイントロのコーラスを吹き込み、サックスとブラスが交互に述べる「頭」のコーラスが2回続く。次に2コーラスのサックス・セクションのソリが始まるが、派手さはなく、シンプルでスウィングしている。唸るようなミュート・トランペットのソロが1分間、物事を盛り上げる(録音では、素晴らしいスヌーキー・ヤングがソロを演奏し、誰もそれ以上のことはしなかった)。次はもちろん、オール・アメリカン・リズム・セクションのフォーマットで表現された典型的な「ベイシー・スタイル」のピアノ・ソロ以外の何物でもないだろう。ピアノの後はソフトなフル・アンサンブルで24小節の盛り上がりを見せ、ヤングのオープン・トランペットが叫ぶシャウト・コーラスで締めくくられ、恒例のドミナント13thコードとレイズド11thで曲が終わる。
フランク・フォスターの楽譜とパート譜は、長年にわたってウォルラス音楽出版社から複製出版されてきた。この版は、これらのパート譜をもとに慎重に作成され、譜刻されている。オリジナルのパート譜にあったいくつかの音符の誤りも修正されています。カウント・ベイシー・バンドの解釈を反映したアーティキュレーションとダイナミクスを盛り込み、このアレンジを忠実に再現できるようにしました。フェスティバルの曲として、またコンサートのオープニングやクロージングに最適です!

## 内容
フルスコア
2 アルトサクソフォーン
テナーサクソフォン2本
バリトンサックス
4 トランペット
トロンボーン3本
バストロンボーン
ギター
ピアノ
ベース
ドラム



サブタイトル:
アーティスト編曲 : フランク・フォスター
バンド形式ジャズビッグバンドアレンジメント
( DEEPL による翻訳 )

発売元より:
## Details
Edition: Jazz Big Band Arrangement
Description: Swing - Medium Difficult
Publisher: Jazz Lines Publications
This arrangement is part of Frank Foster's Vintage Basie Series, compositions performed and/or recorded by Count Basie and his world famous New Testament orchestra between 1953 and 1960. It's another straight ahead blues, for which that band was especially noted. Recorded by the Count Basie Orchestra on Chairman Of The Board. The full ensemble blasts into the introductory chorus, followed by two choruses of the 'head' stated alternately by saxes and brass. Next comes a two-chorus saxophone section soli displaying no pyrotechnics, just simplicity and swing. A growling muted trumpet solo greases things up for a minute (on the recording the marvelous Snooky Young played the solo-no one did it better), backed up by trombones with a riff that must have been dated some 25 years prior to the recording! Next of course what else but a typical 'Basie-styled' piano solo, couched in that All-American rhythm section format; you know the drill. After the piano the soft full ensemble takes over with a 24-bar build-up to the shout chorus, which is of course punctuated by Young's screaming open trumpet, and the piece ends with the customary dominant 13th chord with raised 11th.
For many years facsimile copies of Frank Foster's score and parts were reproduced and published by Walrus Music Publishing. This edition has been carefully prepared and engraved from these parts. Several note errors that were found in the original set of parts have been corrected as well. Articulations and dynamics that reflect the Count Basie Band interpretation have been included so that this arrangement may be faithfully reproduced. This would make a great festival piece or concert opener/closer!

## Contents
Full Score
2 Alto Saxophones
2 Tenor Saxophones
Baritone Saxophone
4 Trumpets
3 Trombones
Bass Trombone
Guitar
Piano
Bass
Drums



Subtitle :
Artist : Arranged by Frank Foster
Band format : Jazz Big Band Arrangement

編成:
Full Score, 2 Alto Saxophones, 2 Tenor Saxophones, Baritone Saxophone, 4 Trumpets, 3 Trombones, Bass Trombone, Guitar, Piano, Bass, Drums

その他:
Who Me (2003 Remaster) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=5SXoUM0qzEA

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

こちらもオススメです!

最近見た商品