ビッグバンド 譜面セット ROBOT PORTRAIT ロボット・ポートレイト [SHTB-126903]


税込価格:
¥14,400
在庫:
お取り寄せにてご注文を承ります

説明

メディア: ビッグバンド 譜面セット

在庫が無い場合のお取寄せ納期: ご注文後 通常 2~3 週間で入荷

アーティスト: QUINCY JONES(クインシー・ジョーンズ)(演奏) / BILLY BYERS(ビリー・バイヤーズ)(編曲) / DYLAN CANTERBURY(ディラン・カンタブリー)(出版準備) / ROB DUBOFF(ロブ・デュボフ)(出版準備) / JEFFREY SULTANOF(ジェフリー・サルタノフ)(出版準備)

グレード: 5

原産国: アメリカ

発売元: JAZZ LINES PUBLICATIONS

メーカ品番: JAZZ_LINES_PUBLICATIONS JLP-7821

メーカーの商品ページを開く

発売元より(翻訳):
## 詳細
エディションジャズビッグバンドアレンジメント
説明スウィング - 難易度
出版社ジャズラインズ出版
クインシー・ジョーンズ・オーケストラが1962年のアルバム「The Quintessence」に収録した「Robot Portrait」は、実はビリー・バイヤーズのペンによる編曲である。この陽気なマイナーブルースは、アンサンブルに難があり、金管楽器の音域も難しいが、聴いても演奏しても楽しい曲であることは間違いない。
ロー・ホーンの下降するリフ、トランペットとテナー・サックスのシンプルなメロディ・ラインから始まり、数小節で他のアンサンブルも加わっていく。トランペットの叫び声の後、9小節目のピックアップでメロディが入る。アルトサックスとトランペットのデュエットで、シンプルだが非常にキャッチーなリフをトロンボーンとピアノがパンチのあるリズムで巧みに補完している。25小節目からサックスにメロディが移り、その後ろでブラスが吠える。サックスとトランペットが競うように演奏し、トランペットのシャープなラインがテナーサックス(オリジナル盤ではオリバー・ネルソンが演奏)のソロを3コーラスで盛り上げる。ミュートしたトロンボーンに始まり、トランペットとアルトサックスのリフがメロディーを思い出させるが、同一ではない、テナーソロの背後に徐々に背景の人物が集まってくる。次に2コーラスのトランペット・ソロ(オリジナルはフレディ・ハバード)。サックスによるメインテーマのバリエーション、トロンボーンによるシンプルなリズムのフィーチャーが続く。
このトロンボーンのバックは、88小節目から始まるシャウト・コーラスのベースになっている。サックスと金管楽器は、短いながらも噛みしめるような音を出し合いながら、2つのブルース・コーラスを演奏します。第2コーラス(100小節目)では、ヘ短調から変ロ短調に短時間変化するアレンジになっている。この2つのコーラスは、徐々に盛り上がっていき、112小節目に元のキーに戻るという感じでよい。サックスが主旋律をモチーフにしたリフを演奏し、ブラスが先ほどと同じように突きを入れる。そして、124小節目にメロディが戻ってくる前に、すべてが絶叫するように盛り上がる。少し長いタグがあり、その後、148小節でイントロが再利用され、アレンジが終了します。グランド・フィナーレでは、ムーディーなブラスのコードと、サックスのリフが短くからんできます。
この編曲は、ビリー・バイヤーズのオリジナル原稿のコピーから作成されたものであり、トランスクリプションではありません。51小節目のトランペットのバックは原盤では演奏されていませんが、原曲通りに演奏したい場合は、オプションで黙示のマークを付けてあります。

## 内容
フルスコア
2 アルトサクソフォン
2 テナーサクソフォン
バリトン・サックス
4 トランペット
ホルン(F)(またはトランペット5番
トロンボーン4本
ギター
ピアノ
ベース
ドラム

## レンジ
トランペット1:G6
トロンボーン1Bb4



サブタイトル:Recorded by Quincy Jones
アーティスト:編曲:ビリー・バイヤーズ、準備:ディラン・カンタベリー、ロブ・デュボフ、ジェフリー・スルタノフ
バンド形式 :ジャズビッグバンドアレンジメント
( DEEPL による翻訳 )

発売元より:
## Details
Edition: Jazz Big Band Arrangement
Description: Swing - Difficult
Publisher: Jazz Lines Publications
Recorded by the Quincy Jones Orchestra for their 1962 album 'The Quintessence,' 'Robot Portrait' is actually an arrangement from the pen of Billy Byers. This jaunty minor blues has some challenging ensemble moments and difficult brass ranges, but is undeniably a blast to both listen to and play.
The introduction starts with a descending riff in the low horns underpinning a simple melody line in the trumpets and tenor saxes before the rest of the ensemble joins them a few measures in. After a screaming trumpet rip, the melody enters at the pickup to measure 9. Carried by a duet of alto sax and trumpet, it is a simple, but extraordinarily catchy riff that is cleverly complimented by some punchy rhythmic figures in the trombones and piano. Melody duties get handed over to the sax section at measure 25 with the brass barking behind them. The saxes and trumpets offer up competing tag lines before another sharp, ripping trumpet line that sets up three choruses of solo tenor saxophone (played on the original recording by Oliver Nelson). Background figures gradually gather behind the tenor solo, starting first with stabbing muted trombones, and eventually adding a trumpet and alto sax riff that is reminiscent of, but not identical to, the melody. Next up is a two chorus trumpet solo (handled originally by Freddie Hubbard). Both choruses feature background figures - first a variation of the main theme in the saxes, followed by some simple rhythmic figures in the trombones.
Said trombone backgrounds actually form the basis of the arrangement's shout chorus, which begins at measure 88. The saxes and brass trade brief, but biting, figures back and forth for two blues choruses. The second chorus (at measure 100) sees the arrangement briefly change from F minor to Bb minor. These two choruses should have a sense of gradual building all the way to the return of the arrangement's original key at measure 112. The saxes play a riff inspired by the main melody, with the brass poking and prodding as they did earlier. Everything culminates in one screaming blast before the melody proper returns at measure 124. There is a slightly extended tag at one point before the introduction is re-used for the arrangement's conclusion at measure 148. The grand finale features a moody brass chord and a brief, somewhat teasing, sax riff.
This arrangement is not a transcription - it has been prepared from a copy of Billy Byers's original manuscript. We have included an alternate 5th trumpet part as a substitute for horn in F. The trumpet backgrounds at measure 51 were not played on the original recording, but have been included with an optional tacit mark if you wish to play the arrangement as it was originally written.

## Contents
Full Score
2 Alto Saxophones
2 Tenor Saxophones
Baritone Saxophone
4 Trumpets
Horn in F (Or Trumpet 5)
4 Trombones
Guitar
Piano
Bass
Drums

## Ranges
Trumpet 1: G6
Trombone 1: Bb4



Subtitle : Recorded by Quincy Jones
Artist : Arranged by Billy Byers, Prepared by Dylan Canterbury, Rob DuBoff, and Jeffrey Sultanof
Band format : Jazz Big Band Arrangement

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

こちらもオススメです!

最近見た商品