税込価格:
$115
在庫:
お取り寄せにてご注文を承ります

説明

メディア: ビッグバンド 譜面セット

在庫が無い場合のお取寄せ納期: ご注文後 通常 2~3 週間で入荷

アーティスト: COUNT BASIE(カウント・ベイシー)(演奏) / FRANK FOSTER(フランク・フォスター)(編曲) / DYLAN CANTERBURY(ディラン・カンタブリー)(出版準備) / ROB DUBOFF(ロブ・デュボフ)(出版準備) / JEFFREY SULTANOF(ジェフリー・サルタノフ)(出版準備)

グレード: 4

原産国: アメリカ

発売元: JAZZ LINES PUBLICATIONS

メーカ品番: JAZZ_LINES_PUBLICATIONS JLP-7446

メーカーの商品ページを開く

発売元より(翻訳):
## 詳細
エディションジャズビッグバンドアレンジメント
説明スウィング - 中難度
出版社ジャズラインズ出版
フランク・フォスターの1950年代のカウント・ベイシー・オーケストラへの貢献は過小評価されることはない。テナーサックスのソリストとして、あるいはアレンジャーとして、フォスターは世界最高のビッグバンドのサウンドを形成する上で不可欠な役割を果たしました。この編曲はベイシーの1960年のアルバム「Not Now, I'll Tell You When」に収録されており、フォスターの他の作品ほど有名ではありませんが、クオリティと巧妙さの点では間違いなく彼のベストにランクされるでしょう。
カップ・ミュート・トランペットとフルートとクラリネットを兼ねたサックスのメロディ・ステートメントで始まるこのアレンジは、ベイシー・バンドのトレードマークのひとつであった。この部分のヴォイシングの密度と遊び心のある不協和音は、サド・ジョーンズがこの時期のベイシーのために書いたものと見紛うばかりである。
21小節目でメロディが終わるとアレンジは開放的になり、プランジャーを操るアル・グレイのトロンボーン・ソロにスポットが当てられる。フォスターはこの部分を、トロンボーンの高音域を得意とするグレイを特に生かすために書いたチャートですが、ソロは1オクターブ下げても十分に機能します。ソロは書き下ろしの部分から始まり、35小節目のブレイクでインプロヴィゼーションのギアに移行する。
トロンボーンのソロが終わると、53小節目からバンド全体が全開で再登場する。シャウト部分のメロディラインは曲の主旋律とよく似ているが、フォスターはリズムの概念を変えることで状況を打破している。
シャウトが終わると、ミュートされたトランペットとダブリングサックスでメロディーを再現するために音量が小さくなり、ベイシーは典型的でありながら効果的なフィルを演奏する。この編曲は標準的なビッグバンドの編成のために書かれたものです。この編曲は標準的なビッグバンド用に書かれたもので、フォスターのオリジナルスコアから直接採譜されたもので、トランスクリプションではありません。この曲の演奏は、私たちが用意したものと同じように、あなたにも楽しんでいただけると思います。

## 内容
フルスコア
2 Alto Saxophones (Alto Sax 1 Doubles Flute, Alto Sax 2 Doubles Clarinet)(アルト・サクソフォーン1ダブルスフルート、アルト・サクソフォーン2ダブルスクラリネット
テナーサックス2本(両ダブルクラリネット)
バリトンサックス(ダブルス・バスクラリネット)
トランペット4本
トロンボーン4本
ギター
ピアノ
ベース
ドラム

## レンジ
トランペット1:E6
トロンボーン1D5
トロンボーン2:F5(オプションで8vb)



サブタイトル:録音:カウント・ベイシー
アーティスト編曲:フランク・フォスター、準備:ディラン・カンタベリー、ロブ・デュボフ、ジェフリー・スルタノフ
バンド形式 :ジャズビッグバンドアレンジメント
( DEEPL による翻訳 )

発売元より:
## Details
Edition: Jazz Big Band Arrangement
Description: Swing - Medium Difficult
Publisher: Jazz Lines Publications
Frank Foster's contributions to the Count Basie orchestra of the 1950s cannot be underestimated. Whether serving as the band's star tenor saxophone soloist or one of its definitive arrangers, Foster played an integral role in shaping the sound of what was the world's greatest big band. This arrangement, from Basie's 1960 album "Not Now, I'll Tell You When," is not as well known as some of Foster's other work, but in terms of quality and cleverness it undoubtedly ranks among his best.
The arrangement begins with what was one of the trademark sounds of the Basie band: a melody statement from cup muted trumpets and saxophones doubling on flute and clarinets. The density and playful dissonance of the voicings employed during this section could almost be mistaken for something Thad Jones would have written for Basie during this time period.
The arrangement begins to open up once the melody ends at measure 21, where the spotlight is handed over to a trombone solo by the plunger-wielding Al Grey. Foster wrote this portion of the chart as a way to specifically take advantange of Grey's mastery of the uppermost reaches of the trombone's range, but the solo works just as well taken down an octave. The solo begins with an as-written portion, but eventually shifts into an improvisatory gear with a break at measure 35.
After the conclusion of the trombone solo, the whole band re-enters at full blast at measure 53. The melody line of the shout section bares a significant resemblance to the main melody of the piece, but Foster breaks things up a bit by changing some of the underpinning rhythmic concepts; a prime example of this would be the shuffling feel in the saxophones and trombones at measure 61.
After the shout comes to an end, Basie plays a typically-yet-simply effective fill as the volume level tapers back down for a re-statement of the melody, complete with muted trumpets and doubling saxophones. Starting at measure 103, the dynamics continue to diminish to a barely-audible level all the way up to the final bar, where a brief flute cadenza over a dissonant ensemble trill brings the proceedings to a close.This arrangement was written for a standard big band instrumentation. This is not a transcription - it was engraved directly from Foster's original score. We hope you enjoy playing this piece as much as we enjoyed preparing it for you!

## Contents
Full Score
2 Alto Saxophones (Alto Sax 1 Doubles Flute, Alto Sax 2 Doubles Clarinet)
2 Tenor Saxophones (Both Double Clarinet)
Baritone Saxophone (Doubles Bass Clarinet)
4 Trumpets
4 Trombones
Guitar
Piano
Bass
Drums

## Ranges
Trumpet 1: E6
Trombone 1: D5
Trombone 2: F5 (optional 8vb)



Subtitle : Recorded by Count Basie
Artist : Arranged by Frank Foster, Prepared by Dylan Canterbury, Rob DuBoff, and Jeffrey Sultanof
Band format : Jazz Big Band Arrangement

YouTubeで探す

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

こちらもオススメです!

最近見た商品