ビッグバンド 譜面セット I REMEMBER CLIFFORD アイ・リメンバー・クリフォード [SHTB-113285]


税込価格:
¥14,400
在庫:
在庫あり

説明

メディア: ビッグバンド 譜面セット

在庫が無い場合のお取寄せ納期: ご注文後 通常 2~3 週間で入荷

アーティスト: DIZZY GILLESPIE ALUMNI ALL-STARS(ディジー・ガレスピー・アラムナイ・オールスターズ)(演奏) / BENNY GOLSON(ベニー・ゴルソン)(作曲)(編曲) / DYLAN CANTERBURY(ディラン・カンタブリー)(出版準備) / ROB DUBOFF(ロブ・デュボフ)(出版準備) / JEFFREY SULTANOF(ジェフリー・サルタノフ)(出版準備)

グレード: 3

ソロフィーチャー: Trumpet

原産国: アメリカ

発売元: JAZZ LINES PUBLICATIONS

メーカ品番: JAZZ_LINES_PUBLICATIONS JLP-7340

メーカーの商品ページを開く

発売元より(翻訳):
## 詳細
エディションジャズビッグバンドアレンジメント
説明バラード - ミディアム
出版社ジャズラインズ出版
1956年にトランペット奏者ディジー・ガレスピーのビッグバンドのために作曲・編曲されたベニー・ゴルソンの「I Remember Clifford」は、世界中のジャズトランペット奏者に愛されるバラード曲となりました。リー・モーガン、フレディ・ハバード、アート・ファーマー、ケニー・ドーハムなど、さまざまなアーティストによって演奏・録音されている。
この曲は、全編にわたってトランペット・ソロをフィーチャーするように書かれている。ソロを支えるバックはゴルソンらしい、暖かく、味わい深く、豊かなハーモニーを奏でている。31小節目からトランペット・ソロは休息に入り、トロンボーン、39小節目からサックスがメロディーを受け継ぐ。曲は最終的に63小節の序奏の再現で感動的なクライマックスに達する。この箇所では、トランペット・ソロの8vaがオプションで用意されており、激しさを増している。
このバージョンは、ゴルソンのオリジナル・チャートに手を加えたものである。例えば、31小節目のトロンボーンのソリはオリジナル録音にはなく、39小節目のサックスのソリも顕著に異なっている。2000年にDizzy Gillespie Alumni All-Starsが録音したもので、トランペット奏者のClaudio Roditiが美しい演奏をしている。
この編曲はトランペット・ソロと標準的なビッグバンドの編成のために書かれたもので、オリジナルのパート譜に基づいています(トランスクリプションではありません)。このアレンジは、トランペット・ソロのために書かれたもので、トランペット・ソロを演奏するために用意されたものではありません。

## 内容
フルスコア
トランペット独奏
2 アルトサクソフォン
2 テナーサクソフォン
バリトン・サックス
4 トランペット
4 トロンボーン
ギター
ピアノ
ベース
ドラム

## レンジ
トランペット独奏G5(オプションでG6)
トランペット1:F5



サブタイトル:録音:ディジー・ガレスピー・アルムナイ・オールスターズ
アーティスト:編曲:ベニー・ゴルソン、準備:ディラン・カンタベリー、ロブ・デュボフ、ジェフリー・スルタノフ
バンド形式 :ジャズビッグバンドアレンジメント
( DEEPL による翻訳 )

発売元より:
## Details
Edition: Jazz Big Band Arrangement
Description: Ballad - Medium
Publisher: Jazz Lines Publications
Originally written and arranged for trumpeter Dizzy Gillespie's big band in 1956, this version of Benny Golson's tribute to the late Clifford Brown, "I Remember Clifford," has become a favorite ballad of jazz trumpeters the world over. It has been performed and recorded by artists as diverse as Lee Morgan, Freddie Hubbard, Art Farmer, and Kenny Dorham.
The piece is written to feature a trumpet soloist throughout. The backgrounds underpinning the solo are typical Golson: warm, tasteful, and harmonically rich. The trumpet soloist is given a rest starting at bar 31, where the trombones take over the melody, followed by the saxophones at bar 39. The piece ultimately builds to an emotional climax at the restatement of the introduction at bar 63. There is an optional 8va for the trumpet soloist at this point in order to add to the intensity.
This version is based on a reworked version of Golson's original chart. For example, the trombone soli at bar 31 is not present on the original recording, while the saxophone soli at bar 39 is noticeably different. This reworked version was recorded by the Dizzy Gillespie Alumni All-Stars in 2000, featuring a beautiful performance from trumpeter Claudio Roditi.
This arrangement is written for a trumpet soloist with standard big band instrumentation and is based on the original set of parts - this is not a transcription. We hope you enjoy playing this arrangement as much as we enjoyed preparing it for you!

## Contents
Full Score
Trumpet Soloist
2 Alto Saxophones
2 Tenor Saxophones
Baritone Saxophone
4 Trumpets
4 Trombones
Guitar
Piano
Bass
Drums

## Ranges
Trumpet Soloist: G5 (Optional G6)
Trumpet 1: F5



Subtitle : Recorded by the Dizzy Gillespie Alumni All-Stars
Artist : Arranged by Benny Golson, Prepared by Dylan Canterbury, Rob DuBoff, and Jeffrey Sultanof
Band format : Jazz Big Band Arrangement

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Generic Discover Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

こちらもオススメです!

最近見た商品