ビッグバンド 譜面セット AMAD ( FROM THE FAR EAST SUITE ) アマッド(『ザ・ファー・イースト・スイート 極東組曲』より) [SHTB-104140]


税込価格:
¥14,400
在庫:
お取り寄せにてご注文を承ります

説明

メディア: ビッグバンド 譜面セット

在庫が無い場合のお取寄せ納期: ご注文後 通常 2~3 週間で入荷

アーティスト: DUKE ELLINGTON(デューク・エリントン)(演奏)(編曲) / ROB DUBOFF(ロブ・デュボフ)(出版準備) / JEFFREY SULTANOF(ジェフリー・サルタノフ)(出版準備)

グレード: 4

スタイル: Swing – Medium Difficult

原産国: アメリカ

発売元: JAZZ LINES PUBLICATIONS

メーカ品番: JAZZ_LINES_PUBLICATIONS JLP-7408

メーカーの商品ページを開く

発売元より(翻訳):
## 詳細
エディションジャズビッグバンドアレンジメント
説明中難度
出版社ジャズラインズ出版
このアレンジは、デューク・エリントンが1963年末から1964年初めに書いたもので、1964年3月9日にスウェーデンで初演された。これはピアノとトロンボーンの特集で、デュークとローレンス・ブラウンを紹介するために書かれたものです。この年、エリントンはヨーロッパをツアー中、いくつかの作品を「極東の印象」として紹介した。当時の組曲は、アマド、アグラ、ブルーバード・オブ・デリー、デプックで構成されていた。アグラ」と「デリーの青い鳥」はストレイホーン、「アマド」と「デプック」はエリントンが作曲したものである。全曲組曲の構想が具体化するにつれ、さらにいくつかの曲が作曲された。Ad Lib on Nippon」と「A Tourist Point of View」はエリントン、「Mount Harissa」と「Blue Pepper」はエリントンとストレイホーンの共作と思われる(この2楽章はスコアが見つかっていないため、作者不詳である)が、この2楽章はエリントンとストレイホーンの共作である。イスファハンは1966年12月20日に録音され、「極東組曲」に収録された。
本書は、オリジナルのパート譜、デューク・エリントンのスケッチ譜、1966年のスタジオ録音をもとに作成された。よくあることですが、エリントンのライブラリにはピアノパートがなく、ベースパートも残っていません。本書ではDuke Ellingtonのピアノソロを採譜した。アルトサックス2、テナーサックス1のダブルクラリネット。

## 内容
フルスコア
2 アルトサックス(アルトサックス2・ダブルクラリネット)
テナーサックス2(テナーサックス1ダブルクラリネット)
バリトンサックス
4 トランペット
トロンボーン3本
ピアノ
ベース
ドラム



サブタイトル:録音:デューク・エリントン楽団
アーティスト :編曲:デューク・エリントン、準備:ピーター・ジェンセン、ロブ・デュボフ、ディラン・カンタベリー、ジェフリー・スルタンフ
バンド形式 :ジャズビッグバンドアレンジメント
( DEEPL による翻訳 )

発売元より:
## Details
Edition: Jazz Big Band Arrangement
Description: Medium Difficult
Publisher: Jazz Lines Publications
This arrangement was written by Duke Ellington in late 1963 or early 1964 and was first performed in Sweden on March 9, 1964. This is a piano and trombone feature, written to showcase Duke and Lawrence Brown. While on tour in Europe during that year Ellington introduced several pieces as Impressions of the Far East. At that time the Suite consisted of Amad, Agra, Bluebird of Delhi, and Depk. Agra and Bluebird of Delhi were written by Strayhorn and Amad and Depk were written by Ellington. As the notion for a full-length suite began to take shape several more pieces were composed: Ad Lib on Nippon and A Tourist Point of View, both composed by Ellington, and Mount Harissa and Blue Pepper, possibly composed by both Ellington and Strayhorn (scores have not been located for these two movements; hence, authorship is in question). Isfahan was recorded on December 20, 1966 to be included in the Far East Suite.
This publication is based on the original set of parts as well as Duke Ellington’s sketch score and the 1966 studio recording. As was often the case there was no piano part in the Ellington library and the bass part doesn’t survive. For this publication, Duke Ellington’s piano solo has been transcribed. Alto sax 2 and tenor sax 1 double clarinet.

## Contents
Full Score
2 Alto Saxophones (Alto Sax 2 Doubles Clarinet)
2 Tenor Saxophones (Tenor Sax 1 Doubles Clarinet)
Baritone Saxophone
4 Trumpets
3 Trombones
Piano
Bass
Drums



Subtitle : Recorded by the Duke Ellington Orchestra
Artist : Arranged by Duke Ellington, Prepared by Peter Jensen, Rob DuBoff, Dylan Canterbury, and Jeffrey Sultanof
Band format : Jazz Big Band Arrangement

編成:
Full Score , 2 Alto Saxophones , 2 Tenor Saxophones , Baritone Saxophone , 4 Trumpets , 3 Trombones ,Piano, Bass , Drums

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

こちらもオススメです!

最近見た商品