こんにちは。今週は週の半ばまで涼しめで雨が降っても蒸し暑くないのが救いでした。週末は暑くなりそうですね。

* * *

今週は、イギリスのSleepy Night Recordsから Maynard FergusonさんのCDが到着しました。
CDが売れない時代ですが、同レーベルからの強い申し出もいただき、販売を決定いたしました。

みなさまのお知り合いで興味のありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。まだ商品を登録しただけの状態ですがご注文可能です。
MEMORIES OF MAYNARD - THE BEST OF THE COLUMBIA YEARS - NEW 2018 REMASTERS メモリーズ・オブ・メイナード - ベスト・オブ・ザ・コロンビア・イヤーズ - 2018年リマスター版 [CD-121536]

* * *

今週もBig BandとMarching Bandのカテゴライズを黙々と行っておりました。ぜひ Big Band  や Marching Band をご覧ください。オンラインショップの上部メニューからもアクセスが可能です。
そしてオンラインショップに数箇所のリンク切れバグを発見(汗)(これは来週以降対処予定です。)

2カ月くらい前に、ある曲のブログを書こうと思い立ち、ググって各種の記事を読んだり、音源を聴いたり、楽譜を取り寄せたり、キーを調べたり、ブログ用のイメージ画像を作ったりしたのですが、どうにも文章がまとまらずブログ掲載を断念しました。こういうことを『諦めが肝心』というのでしょうね。ブログの仮タイトルは『Underrated Harlem Nocturne in Japan』。該当商品カテゴリはこちらです。
Harlem Nocturne - Song title - Big Band catalog 

* * *

ここからは個人的なトピックです

先週の日曜日は、映画『きっと、うまくいく』(原題:3 idiots、インド)を観ました。コメディタッチながら社会問題にも触れた示唆深い映画でした。インドには30年近く前に訪れたことがあるので、「現在はだいぶ変わっただろうな」とか、「変わっていない部分もあるんだろうな」とか、「来日しているIT技術者はエリートなんだろうな」とか、「立ち小便のシーンが多いな」とか……。立ち小便はともかく、ストーリも音楽と映像も素晴らしかったです。

そして月曜日なんですが、事務所と部屋続きの作業場にアライグマの子どもが現れました!半年くらい前から「作業場の天井裏に何かいる」と思っていたのですが、ついに壁を破って出てきたようです。アライグマの子どもは、発見してすぐに米袋に入れて、近くの土手に放ってきました。(あとで知ったのですが、これは法律的にはいけないことらしいです。)

「半年間、天井裏にいた正体不明の生物ともこれでお別れできた」とホッとしたのもつかの間、「ギクッ!」再び天井裏からの物音が……(汗)。さきほどの子アライグマの家族がまだいる(汗)。

それからはいろいろ調べたり、市役所に相談したり。千葉でハクビシンの駆除を業者に頼んだ経験のある友人からは、「○○万円かかった」とか言われたり。

そして、翌火曜日の夜のこと、玄関前で聞き覚えのある鳴き声が……見てみると子どものアライグマでした。水曜日と木曜日は見かけなかったのですが、金曜日は、作業場や事務所の外をウロウロとしている子どものアライグマを見つけました。月曜日に土手に放ってきたのが戻ってきたんでしょうね。

しばらくはアライグマ一家との格闘が続きそうです。(天井裏から穏便に出ていってくれることを願っています。)